お知らせ

お知らせ

【動物病院様向け】10月開催|獣医師のための生産性向上セミナー

【動物病院様向け】獣医師のための生産性向上セミナー

当事務所では動物病院様を中心としたペット法務に特化してペット関連の事業所様のサポートを行っております。

顧問先様を中心とした動物病院様から「長時間労働」に関するご相談を多くいただいております。

そこで今回は、長時間労働という課題についてフォーカスをあてた

「獣医師のための生産性向上施策」セミナーをオンラインにて開催をさせていただきます!

”長時間労働”による動物病院経営のリスク

長時間労働を放置してしまいますと、経営上では下記のようなリスクが考えられます。

これらのリスクをしっかりと理解したうえで、必要な対策をと検討することが重要です。

従業員からの残業代請求

2023年4月以降から60時間超の残業代の割増賃金率は25%から50%に変更となり、残業時間が継続的に発生してしまうことで人件費による負担が増加することになります。未払い残業代を放置することで、労働審判や民事訴訟という手続に発展して請求をされるリスクのみならず、労働基準監督署に申告された場合には労働基準監督署対応が必要となる可能性もあります。

労働環境が原因の離職

動物病院の多くは長時間労働離職率への課題をお持ちです。長時間労働が継続的に行われてしまうことによって、労働環境に対する不満から離職に繋がってしまうというサイクルが生まれてしまいます。優秀な人材の離職を防ぐためには、長時間労働をなくすための業務効率化に向けた生産性向上が必須です。獣医師・従業員の方の満足度の高い組織体制を実現していくことが人材定着に繋がります。

本セミナーの講座内容

動物病院の経営者様が抱える問題の根本的な原因とは?

動物病院の経営者様が多く抱える問題として挙げられる“長時間労働”と“離職率”の問題については、解決に向けた根本的な問題を把握をしておくことが重要です。問題を把握することによって解決に向けた実施施策も明確にしていくことが可能です。

長時間労働を放置することによるリスク

長時間労働が継続してしまっている場合、経営者にとっては様々なリスクを抱えた状態となってしまいます。勤務している獣医師や従業員からの申し出がない場合にも、放置をしておくことは大変危険です。具体的な企業様の事例を交えて、長時間労働を放置するリスクについてお伝えいたします。

動物病院で今すぐ導入できる生産性向上施策

当事務所で顧問契約をを締結させていただいている動物病院様の事例を含めて、長時間労働を防ぐために今すぐ実施できる生産性向上施策についてお伝えいたします。各種システム等、具体的な施策がイメージできるよう実施を検討いただきたいポイントをお話します。

セミナー参加者限定!生産性向上ワンポイントアドバイス

本セミナーの参加特典として、貴院の生産性向上についてペット法務に特化した弁護士がワンポイントアドバイスを行います!貴院の各種業務に関する業務効率システム活用状況をヒアリングさせていただいたうえで、生産性向上について改善案のご提案をさせていただきます。セミナー参加者限定の特典となっておりますので、この機会にぜひご活用ください。

セミナー詳細

開催日

  • 10月19日(火)18時~19時
  • 10月22日(金)13時~14時
  • 10月24日(日)13時~14時

終業後やお昼休憩のお時間にご参加いただけます!

開催方法

遠方の方でもご参加いただけるよう、Zoomによるオンライン開催にて実施いたします。

参加費:無料

お申込み方法

下記Googleフォームより参加希望日等ご入力のうえ、お申込みください。

一覧へ戻る